ALS Technology Co., Ltd.
株式会社ALSテクノロジー


| Top Page | 会社概要 | 当社製品 - 真空部品 - KOREA KIYON製グローブボックス - カタログ - メディア掲載 - 生産及び輸送体制 | 展示会 | 御問合せ | 御来社は | Legal Notices


会社概要

 コーポレートプロフィール
会社名 株式会社ALSテクノロジー

(登記:株式会社エイエルエステクノロジー)
英文名 ALS Technology Co., Ltd.
創 業 2000年4月1日
設 立 2001年10月19日
資本金 2000万円
役 員 代表取締役 青島正一
取締役    高木秀雄
取締役    田村眞人
取締役    青島英希
所在地
〒252-0243
神奈川県相模原市中央区上溝2179-2
TEL 042−713−3018(代表)
FAX 042−713−3019
 

 設立目的

弊社は大学研究室や一般企業の研究室にてご使用いただく研究用の真空機器を製造販売する会社として、顧客満足度の高い装置をご提供するべく設立いたしました。
私達がこれまでに蓄積してきた真空技術の設計技術、薄膜プロセス技術等を十分に生かし、ご使用になる研究者の皆様の立場から最適な装置を設計製造させて頂きます。

真空装置はその特性から、家庭電化製品等の一般消費財と比較して高価な製品です。信頼性の高い高品質な装置・部品を皆様に安くご提供するために以下の努力をいたします。
  1. すべての真空装置はお客様の御仕様を元に、十分な意見交換をさせていただいた後、最適な設計を行います。
  2. 1つの真空部品から、高性能真空装置まで幅広く取り扱い、皆様のニーズに幅広く対応いたします。
  3. 積極的にリサーチを行い、より良い真空部品をグローバルな視点で集め、装置に利用いたします。
  4. お客様がお持ちの真空装置を有効活用するため、改造のご相談、製作に高度な技術が必要となる真空部品・装置の製作をお手伝いします。
  5. ご予算に合わせ、中古装置の改造、中古ユニットの使用等により、性能を維持しかつ価格低減を図ります。

 事業内容

1.研究用真空装置の製造販売

 真空部品の販売
2. 真空装置の改造
3. 真空装置の保守サービス
4. 中古真空装置および中古のユニットの改造・販売
(弊社は東京都公安委員会承認の古物商資格を備えています)
5. 輸入販売業務

 沿革
2000年4月 個人会社アドバンスト・ラボ・システムとして創業
真空装置の製造販売等を開始
2000年5月 三鷹市三立SOHOセンター内に事業所開設
2001年6月 有機EL装置E-100シリーズ  1号機を千歳科学技術大学殿に納入
2001年10月 有限会社ALSテクノロジー設立
2002年6月 事業所を三鷹産業プラザに移転
2002年7月 三鷹市研究開発助成金により有機EL原材料精製装置 を開発
1号機を出荷
2002年8月 有機EL装置2室仕様E-200シリーズ  1号機を納入
2002年10月 国立大学等入札資格「全省統一資格」取得
2003年4月 CAT-CVD(触媒CVD装置)を納入
2004年1月 理化学研究所様の入札資格取得
2004年2月 有限会社エイエルエステクノロジーから株式会社エイエルエステクノロジーに改組
2004年3月 AJA International(米国ボストン)製品の日本での販売契約締結
2004年3月 R.D.Mathis(米国ロスアンゼルス)製品の日本での販売契約締結
2004年3月 関連会社 有限会社エイエルエステクノロジーフィールドサービス設立
2004年3月 AJA社製コニカルカソードが有機EL電極作成法として優れていることを
千歳科学技術大学・安達研究室にて発表(応用物理学会 2004年春季大会)
2004年10月 神奈川営業所設立
2005年3月 科学技術振興機構(JST)殿 入札資格「全省統一資格」取得
2005年3月 自社ブランド真空計の発売開始 コールドカソードゲージ(CC-10)
2005年5月 KIYON社(韓国ソウル)製グローブボックスの取り扱い開始。蒸着装置に接続して出荷
2006年9月 KIYON社製 グローブボックスの日本国内販売総代理店として契約
2007年5月 神奈川営業所を神奈川テクノセンター(兼神奈川営業所)とし、神奈川県相模原市西橋本に移転
2008年4月 販売力強化のため、関連会社サン・アールエスを設立
(代表取締役 久保田力男)
2008年6月 AJAインターナショナルとの販売契約を解除
2008年9月 日本科学機器団体連合会の会員になる
2008年10月 資本金を2000万円に増資する
2009年1月 グローブボックス内の有機性ガス濃度測定用のセンサーを社内で独自に開発し販売開始
製品名称「グローブボックスガス純度モニタリングシステム」
2009年9月 神奈川テクノセンターを神奈川県相模原市西橋本から同市内上溝に移転
2009年11月 本社を東京都三鷹市から神奈川県相模原市中央区上溝に移転。神奈川テクノセンターと統合。

 創立者略歴
1969年4月 日電バリアン株式会社(現在はキャノンアネルバ株式会社)に入社

研究開発装置部門の技術部長として研究用真空機器の開発等に携わる。
営業技術部門の部長として大学等との共同研究の推進、新技術導入に携わる。
1999年6月 弊社を創業するためアネルバ株式会社(現在はキャノンアネルバ株式会社)を退社


| Top Page | 会社概要 | 当社製品 - 真空部品 - KOREA KIYON製グローブボックス - カタログ - メディア掲載 - 生産及び輸送体制 | 展示会 | 御問合せ | 御来社は | Legal Notices |

Copyright© ALS Technology Co.,Ltd. All Rights Reserved.